会社法

今年から開始された「雇用保険ジョブマルチホルダー制度」の対応ポイント

2022年1月1日から、65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が新設されました。 ある条件を満たした 65歳以上の労働者が特例的に雇用保険の被保険者となることができる 制度ですが、適用されるためには、本人がハ...
内部通報

「内部通報制度」を作ったら、内部規程を整備しよう

改正公益通報者保護法の施行を前に、「内部通報制度」を導入する会社が増えています。 具体的には、従業員が社内で行われている不正や法令違反について相談・通報するための窓口を設置する ことになりますが、たんに窓口を作るだけでなく、「安心し...
会社法

2022年1月施行「電気帳簿保存法」の改正で何が変わる?

2022年1月、「改正電子帳簿保存法」が施行されました。 近年の社会経済のデジタル化を踏まえ、帳簿書類の電子データによる保存方法が大きく変わり、利用しやすい制度になりましたが、電子取引データの電子保存の義務化や罰則強化など、注意すべ...
会社法

2022年1月1日「改正雇用保険法」の施行で、企業には求められる対応とは?

2022年1月1日、改正雇用保険法が施行されました。 改正法により、65歳以上で兼業や副業を行っている人に対する雇用保険の適用範囲が拡大されました。 以下では、法改正の具体的な内容と、企業に求められる対応について説明します。 ...
内部通報

「内部告発」で会社に損害が生じた場合、告発者を解雇できる?

従業員が内部告発したことで、会社の名誉が毀損されたなど損害が生じた場合、その従業員を解雇などの懲戒処分にすることは可能でしょうか?  結論からいうと、「正当な内部告発」であれば従業員は保護されるため、懲戒処分することはできません。逆...
内部通報

実際のところコストはいくらかかるの?「内部通報窓口」の設置と運用

法律の改正(公益通報者保護法)により、2022年から大企業では内部通報制度の整備が義務化されます。従業員が300人以下の企業にとっては努力義務ですが、中小企業であっても導入を検討する会社が増えているようです。 しかし、これから導入す...
内部通報

「公益通報者保護法」の改正で何が変わる? 中小企業でも注視すべき理由とは?

今年6月までに施行が予定されている、「公益通報者保護法」の改正法。 事業者にさまざまな義務が課され、違反に対する罰金なども定められるなど、企業に大きな影響があると見込まれています。 「大企業しか関係ないよね?」と思っている経営...
内部通報

使ってもらえる「内部通報制度」を作ろう~体制整備のキモとは?

「内部通報を受け付ける窓口を作ってみたものの、まったく通報がない」、「仕事の愚痴や、同僚の悪口など、対応に困る通報ばかり寄せられる」といった、内部通報制度の運用に関する悩みをよく耳にします。これから制度を作ろうと検討している会社も、そんな...
内部通報

何から手をつける? 初めての「内部通報制度」

内部通報がきっかけで、会社の不祥事が明るみに出るケースが増えています。 最近の例では、日産のカルロス・ゴーン元会長の逮捕のきっかけも内部通報だったとして大きな話題となりました。 「内部通報制度」と聞くと何やら難しそうですが、要...
内部通報

「内部通報制度」の基礎知識~「内部告発」と何が違うの?

企業の不祥事防止策の一つとして知られる「内部通報制度」。 昨年6月の法改正により、大企業には設置が義務付けられました(2022年6月までに施行予定) 。負担が大きいため、中小企業に対しては努力義務とされています。 今回は「内部...
タイトルとURLをコピーしました